Top > 軽戦車

軽戦車
HTML ConvertTime 0.030 sec.

概要 Edit

現在、日本技術ツリーには軽戦車ルートは存在せず、また近い将来においても実装は発表されていません(2023年3月現在)。
本妄想ツリーでは日本らしい軽戦車ルートとして、TierX 105GSRを到達点とする置き偵またLidium*1とでも言うべき性能のものを提案します。
双輪軽戦車やハルダウン中戦車の跋扈する昨今の環境では、お世辞にも強力なニッチではないかもしれませんが、そこも含めて日本らしさが感じられるのではないでしょうか。


低Tier Edit

Tier 1はおなじみルノー乙、Tier 2もこれまたHa-Goとここは変わりありません*2
Tier3ではChi-HoとChi-Haに分岐します。
両者とも性能は大きく変わらず、特にChi-HoはTDルートへの渡り線という程度の意味合いしかありません。
Tier 4にはKe-Niを配置しました。
もともとはTier 3車両ですが、タセ車の砲塔と機銃を積むことで下駄を履かせられるでしょう。

Tier1 Edit

  • Renault Otsu(ルノー乙)

Tier2 Edit

  • Type 95 Ha-Go(九五式軽戦車 ハ号)
  • Type 97 Te-Ke(九七式軽装甲車 テケ)

Tier3 Edit

  • Type 97 Chi-Ha(九七式中戦車 チハ)
  • Chi-Ho(チホ)

Tier4 Edit

  • Type 98 Ke-Ni(九八式軽戦車 ケニ)

中Tier Edit

ケホは相応にBuffした上でTier 4からTier 5に格上げですが、75mm砲を積むのは正直やり過ぎ感があります。
しかし57mm砲の場合今度は苦行臭が漂ってくるのが難しいところでしょう。
Tier 6、7には戦後検討されたSTA 20t案と25t案をそれぞれ配置しました。
どちらも具体的な設計に移行する前に廃案となったため、9割がた架空戦車と言って差し支えないでしょう。
本妄想ツリーでは、前者がチャーフィーと日本戦車を悪魔合体させたもの、後者がSTA-1を縮小コピーした上で90mm砲を搭載したものとします。

Tier5 Edit

Tier6 Edit

Tier7 Edit


高Tier Edit

Tier 8の25トン級軽戦車は75HSPと車体の共通化を図った偵察車両です。
これまた具体的な設計に至る前のコンセプト段階で終わっているので、ほぼ架空車両です。
Tier Xは105GSRという実際に試作された軽戦車(というか軽駆逐戦車)です。
ネタ不足なのでこれをデチューンしたものをGSRプロトタイプとしてTier 9に配置しました。

Tier8 Edit

Tier9 Edit

Tier10 Edit

  • 105GSR(試製自走105mm低反動砲)

その他 Edit

Tier 8プレミアム車両にはM4A3E8/T53が適任でしょう。
M4シャーマンベースの高機動車両であり、隠蔽性はLTに全く不適格ですが、体当たり専任車両としてミーム化する将来性があります。
その他、コマツの試作IFVであるB78もギリギリWoTに登場させられるかもしれません。

高Tier向けプレミアム車両 Edit

  • M4A3E8/T53(ガスタービンエンジン搭載M4試験車)
  • B78(コマツ製試作IFV)

 旧版

*1 Light + Medium
*2 Wargamingの方針として、Tier 1の開発は1本道になるため

ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS