Top > Type 3 Gun Tank Ho-Ni III

【sWIKI】からのお知らせ
本日、コメント機能につきまして一部制限を加えました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
Type 3 Gun Tank Ho-Ni III
HTML ConvertTime 0.411 sec.

日本語表記:三式砲戦車ホニⅢ
C5Dpico.jpg
スペック

車体九七式中戦車チハ
車体装甲厚(mm)25
重量(t)17
エンジン①空冷V型12気筒ディーゼルエンジン
馬力(hp)170
出力重量比10
武装①三式七糎半戦車砲Ⅱ型
砲口初速(m/s)668
類似火砲三式七糎半戦車砲Ⅱ型(チヌ中間砲)(備考:同一火砲)

(『機甲入門』、Wikipedia)

概要 Edit

日本初の、対戦車戦闘を主眼に開発された砲戦車。1943年から「七糎半砲戦車(甲)」として、開発が始まった。
1944年から量産が開始。約100両が生産されたといわれている。
旋回できそうに見えるが、固定型密閉戦闘室。これは、ホニⅠ・ホニⅡの教訓だといえる。
本土決戦のために温存され、実戦経験はない。
主砲貫通力は、一式徹甲弾を使用した場合、射距離1,000mで約70mm、500mで約80mm、タングステン・クロム鋼弾の「特甲」を使用した場合は1,000mで約85mm、500mで約100mmであった。
(Wikipedia、『日本の戦車 パーフェクトガイド』)


テスト的に表示しています。