Top > Type 5 47mm SPG Ho-Ru

Type 5 47mm SPG Ho-Ru
HTML ConvertTime 0.419 sec.

日本語表記:試製五式四十七粍自走砲
wocTYkg.gif

スペック

車体九五式軽戦車 ハ号
車体装甲厚(mm)30
重量(t)8.5
エンジン三菱A六一二〇VDe空冷直列6気筒ディーゼル
馬力(hp)120
出力重量比14.12
武装①試製四十七粍(短)戦車砲
砲口初速(m/s)740
武装②一式四十七粍戦車砲Ⅰ型
初速(m/s)不明
武装③一式四十七粍戦車砲
初速(m/s)810
類似火砲①ケホの初期砲(WG側の表記の曖昧さからチハの主砲と同一視してはいけない。)
②なし
③チハの最終砲

※主砲については諸説あるが、情報が一番新しいグランドパワーによると一式四十七粍戦車砲Ⅰ型とされている。
(『帝国陸軍 戦車と砲戦車』(学研研究社 2002年)・Wikipedia・月刊グランドパワー2008年10月号より)

概要 Edit

九五式軽戦車の車体を流用して作られた対戦車車両。非常に小型・低姿勢で、その車高は1.82m、全長5.1m、全幅2.27mとなっている。
昭和20年2月から研究を開始し、設計は4月に終了。四十七粍戦車砲Ⅰ型は6月に完成した。
主砲は、昭和20年度の時点で、四十七粍戦車砲Ⅰ型またはⅡ型を搭載することになっていた。その後、一式四十七粍戦車砲の搭載に変更された可能性も十分ありうる。
外観は砲塔を取り除いた突撃砲に近い。戦闘室は完全密閉ではなく、上面の一部が解放されている。
履帯幅が増大され、駆動輪が内部嵌合式に変更された。
最終的に試作車一両が完成し、ほかに50両生産されたという話もあるが、詳細はよくわかっていない。