Top > STA・61式戦車砲塔すげ替え事業

【sWIKI】からのお知らせ
「https:」での通信が可能となりました。不具合を見つけましたら御手数ですがこちらより御連絡頂けますよう宜しくお願い致します。
STA・61式戦車砲塔すげ替え事業
HTML ConvertTime 0.197 sec.

概要 Edit

本妄想ツリーでは、既にWoTに実装されているSTA-1、STA-2、61式戦車に加えて、Tier9中戦車としてSTA-3を用意している。これにあたり、既存の各車両間での砲塔の入れ替えが行われたが、それを各個のページにおいて解説するのは複雑なので、ここにSTA・61式戦車砲塔すげ替え事業として記事化することにした。

砲塔の入れ替え Edit

一覧表 Edit

左側が現状の戦車と砲塔の組み合わせ、右側が本妄想ツリーでの組み合わせになっている。

現状本ツリー
車種砲塔車種砲塔
STA-1STA-1STA-1/4STA-1
STA-3STA-4
STA-2STA-2STA-2STA-2
STA-3STA-1
STA-3
Type 61STA-4Type 61Type 61
Type 61Type 61 Kai

各砲塔の説明 Edit

STA-1その名の通りSTA-1に搭載された砲塔。キューポラが装備されていないので非常にあっさりしている。(砲塔を正面から見て)右上にレンジファインダーを装備する計画もあったが、これは見送られた。
STA-2基本的にSTA-1砲塔と同一だが、キューポラが装備されている。
STA-3前二者に比べて、大きく後方に出っ張ったバスルが特徴的。ここに装填補助装置を搭載した。またキューポラ基部にステレオレンジファインダーが装備されている。
STA-4基本的にSTA-3砲塔と同一だが、装填補助装置は省かれている。キューポラと機銃が一体化し、キューポラそのものも一段高くなった。また車長用潜望鏡には試製バリスティックユニットが装備され、射撃精度の向上が図られた。
Type 6161式戦車の制式の砲塔。STA-3/4砲塔を基本形に、費用対効果が芳しくなかった装填補助装置やキューポラの機構を省略したもの。
Type 61 Kaiスモークディスチャージャーや赤外線探照灯が追加された改良型。実際にはマイナーアップデートであり、何か特別な名称が付与されたわけではない。

車両の性格変更 Edit

砲塔の入れ替えに伴い、各車両の性格も変更される。

STA-1/4(現STA-1) Edit

改良砲塔をSTA-4に変更し、射撃精度を向上する。これはSTA-4砲塔のバリスティックユニットの効果ということにする。
トレードオフとしてDPMの低下があるかもしれないが、概ね性格はSTA-1と変わらない。

STA-2 Edit

特に変更はない。

STA-3 Edit

本妄想ツリーで追加された新車両。改良砲塔のSTA-3砲塔に搭載された装填補助装置により、オートローダーの能力を付与されている。
この装填補助装置は実際には自動弾薬庫という程度のもので、装填自体は人力であった。しかし車内各所から砲弾を持ってくる動作のほうが、手元にある砲弾を装填する動作より重労働だろうという推測のもと、無理やり自動装填装置の扱いにした。

Type 61 Edit

61式戦車の初期砲塔をType 61砲塔に、改良砲塔をType 61 Kaiとし、射撃精度を向上する。これはType 61 Kai砲塔の赤外線探照灯などの効果ということにする。

まとめ Edit

本妄想ツリーでは中戦車ルートはTier7から通常戦車ルートとオートローダールートに分岐する。STA及び61式戦車の砲塔を入れ替え、性格を調整することで、それぞれのルートの特徴をより出すことが出来るだろう。