Top > Experimental Type 5 15cm SPG

【sWIKI】からのお知らせ
本日、コメント機能につきまして一部制限を加えました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
Experimental Type 5 15cm SPG
HTML ConvertTime 0.527 sec.

日本語表記:試製五式十五糎自走砲


IEbJJgl.jpg
妄想ツリーでは本車を「ホチ」とは呼びません!!!!
理由は下の方を見ていただければ結構だと思います。


スペック

車体九七式中戦車チハ
車体装甲厚(mm)
重量(t)
エンジン①三菱SA一二二〇〇VD空冷V型12気筒ディーゼル
馬力(hp)170
出力重量比
武装①九六式十五糎榴弾砲
砲口初速(m/s)540
類似火砲15 cm s.F.H. 18 L/29.5(Hummel最終砲)
オイ・オニ・オホの榴弾砲

(ウィキペディアより)


概要 Edit

あくまで「つなぎ」である「ホロ」車を更新する本格的な「十五榴搭載型重自走砲」を完成するために、九六式十五糎榴弾砲をチハに搭載する
計画が持ち上がり(昭和20年二月)、予定では昭和二十年五月に設計を終了させ、同年8月に試製砲が完成、大津川で竣工試験、9月には機能抗甚試験、十月に伊良湖射撃場で弾道試験、11月に実用試験だった。
設計は6月には終えて、大津川射場での試射も終わらせたが、間に合わずに終戦。

本来は一式中戦車チヘを車台に用いる予定だったそうだが、チハになった。


九六式十五糎榴弾砲は口径149.1mm、23.6口径長、初速540m/s、弾量36㎏。使用弾種は九二式榴弾。
一式徹甲弾を用いた場合、約228.6mで124㎜貫通可能。(弾着角90度)
(『砲戦車と自走砲』(カダス戦車博物館)・『グランドパワー2008年10月号』より)

「ホチ」名称への疑念 Edit

この車両を「ホチ車」と呼ぶのは間違っているのではないか?
そもそも、試製五式十五糎自走砲を「ホチ」と呼んだのは『四研史』(四研会 1982年7月)が初出である。自分が知る限り、公式書類で「ホチ」という名称
が使われたのは、ここの妄想日本ツリーにもある、新砲戦車(乙)だけである。
また、あくまで自論だが、以前使われた秘匿名称をそれ以降使うことがあるのだろうか、と思う。
同じ名称が二つのものを指しているというのは、機密を扱う上で不便であり危険でもある。


砲戦車の秘匿名称の頭文字「ホ」から始まる車両で欠番は以下のとおりである。
ホイ 二式砲戦車
ホロ 四式十五糎自走砲
ホハ 一式半装軌装甲兵車(例外。)
ホニ 一式七糎半自走砲・一式十糎自走砲・三式砲戦車
ホホ 同音反復よりナシ
ホヘ 
ホト 試製四式十二糎自走砲
ホチ 試製新砲戦車(乙)
ホリ 試製新砲戦車(甲)
ホヌ 
ホル 試製五式四十七粍自走砲

つまり、試製五式十五糎自走砲はホヘか、ホヌであってしかるべきなのでは?
本車の構想が出現したのが昭和20年2月だから、おそらくホヌ車ではないだろうか?


じゃぁ、ホヘはなんなんだよ!っていう方のためにこんな資料を。
・「未完成兵器等一覧表(3)」(アジア歴史資料館 C14010956800)
この14ページに「試製三式十五糎戦車砲」の未完成品が30門もあるんですよね。
おそらくこの「三式十五糎戦車砲」をチハだかチヘだかに固定戦闘室で搭載したものが、ホヘ車だと自分は思っています。


まぁ、こういう考え方をするやつもいるんだ程度に見てやってください。


テスト的に表示しています。