Top > Experimental Type 4 12cm SPG Ho-To

Experimental Type 4 12cm SPG Ho-To
HTML ConvertTime 0.009 sec.

日本語表記:試製四式十二糎自走砲


Type_4_12cm_self-propelled_gun_Ho-To.jpg


スペック

車体九五式軽戦車ハ号
車体装甲厚(mm)
重量(t)
エンジン①三菱A六一二〇VDe空冷直列6気筒ディーゼル
馬力(hp)120
武装①三八式十二糎榴弾砲
砲口初速(m/s)276
類似火砲短十二糎砲よりちょっと強い

(ウィキペディアより)


概要 Edit

三八式十二糎榴弾砲を、中戦車または軽戦車を用いて自走化させることについて、昭和20年5月の完成を目処に昭和19年度に研究に着手した。
試作1両が完成し、実射試験の結果発射抗力・操作ともに問題なかった。
外観は四式十五糎自走砲ホロ車と同様のものになり、固定戦闘室は上板を外し、弾丸・薬筒箱を新設した。主砲は三八式十二糎榴弾砲の砲架以上をそのまま使用した。
終戦時に、大阪造兵廠第一製造所第三工場に完成品一門があった。
本砲は、榴弾、破甲榴弾(ベトン弾)、榴霰弾のほかにタ弾を使用できた。
(月刊グランドパワー2008年10月号より)