Top > Experimental 7.5cm Anti-Tank SPG Na-To

Experimental 7.5cm Anti-Tank SPG Na-To
HTML ConvertTime 0.600 sec.

日本語表記:試製五式七糎半対戦車自走砲ナト


lzRkLOE.jpg


スペック

車体四式中型装軌貨車チソ
車体装甲厚(mm)12
重量(t)13.7
エンジン①統制型一〇〇式空冷4ストロークV型8気筒ディーゼルエンジン
馬力(hp)165
出力重量比12.04
武装①試製七糎半対戦車砲I型
砲口初速①(m/s)830
武装②試製七糎半対戦車砲Ⅱ型
砲口初速②(m/s)830
武装③試製ゲ式七十五粍対戦車砲
砲口初速③(m/s)1000以上
類似火砲①チリ初期砲・②同中間砲、③Pak 41(VK 3001H)

(Wikipedia、月刊グランドパワー2008年10月号、『日本陸軍の火砲 歩兵砲 対戦車砲他』、アジ歴C14011074900)


概要 Edit

昭和17年11月に開発が決定され、18年2月に着手、翌年4月に設計が完了し、同年7月に試作砲2門が竣工(車台を除く)。この試作砲はⅠ型である。
この時点で、初速830m/sを記録したが、試験中に故障が発生し改修を求められた。
この改修は11月16日の射撃試験で大体良好となり認められたが、自動閉鎖機が不良であったためさらに改修。12月18日に修正機能試験を行ったが、抽筒機能が不良だった。そして、この試験の結果、第2案として緩衝装置をつけた八八式七糎野戦高射砲様式の自動閉鎖機を研究することになった。
そして、20年1月12日から15日まで伊良湖射撃場で修正機能抗甚試験および弾道性試験を行った。
この試験の結果以下の判決が下された。
1.防楯の前方に位置する操縦者に対しては全く防楯がない状態になっている。これは不適当だ。
2.前回から修正された自動閉鎖機は第2案の方が適当である。
3.整備面を考慮すると、試製七糎半戦車砲(長)と遥架体以上を共通とするように改修するのが適当だ。
初速試験では、一式徹甲弾(徹甲榴弾)・四式榴弾・四式徹甲弾(無炸薬徹甲弾)を使用した。
初速はそれぞれ、821m/s・858m/s・819m/sを記録した。


次の段階として、試製七糎半戦車砲(長)と遥架体以上を流用することを計画し、これをⅡ型と称した。従来の試製砲はⅠ型と称することになった。
以下、各砲諸元

名称Ⅰ型Ⅱ型
砲身長4230mm(56.4口径長)4230mm
砲身重量761kg840kg
後坐長1250mm400mm
高低射界-8~+19-10~+20
方向射界左右各20度左右各20度
全備火砲重量1854kg2680kg

昭和20年7月20日、搭載砲は「試製七糎半対戦車砲II型」から「五式七糎半対戦車砲」として制式化された。
量産は8月から相模造兵廠で行われる予定で、すでに70輌が生産に着手されていた。うち30輌が工程70%に達していた。
(Wikipedia・『月刊グランドパワー』2008年10月号)

口径漸減砲について Edit

『標題:第1陸軍技術研究所関係研究事項』(アジ歴C14011074900)には「ゲルリッヒ式砲身ニ就キテモ研究ス」とあり、当初は口径漸減砲の搭載が計画されていたようである。具体的な砲の名前は確認できなかったが、当時開発が進んでいた口径漸減砲に「試製ゲ式七十五粍対戦車砲(以下ゲ式砲)」というものがあったので、これを利用している。
このゲ式砲は、砲身の内径が75mmから57mmまで先細りしていく様になっていた。これはVK 30.01(H)の最終砲である「7.5/5.5 cm Waffe 0725」とほぼ同等の数字であり、初速も同程度だったと思われる。よってゲーム内での性能も似通ったものになるだろう。
(が、金弾は強化APなので、金弾の使い勝手はあちらに軍配が上がる)
史実ではドイツにおけるゲルリッヒ砲同様、資源の問題から開発が中止となってナト車への搭載例は無いが、本妄想ツリーでは最終砲として搭載している。