Top > Experimental 10cm Anti-Tank SPG Ka-To

【sWIKI】からのお知らせ
本日、コメント機能につきまして一部制限を加えました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
Experimental 10cm Anti-Tank SPG Ka-To
HTML ConvertTime 1.801 sec.

日本語表記:試製十糎対戦車自走砲カト


mZHO77P.jpg
カト起案図側面
mn21jln.jpg
同:上面
wdZwbEt.jpg
同:正面


スペック

車体チト車を改造したもの
車体装甲厚(mm)25mm
重量(t)30
エンジン①ディーゼル
馬力(hp)400
出力重量比13.33
武装①試製十糎対戦車砲
砲口初速(m/s)約900
類似火砲

(『帝国陸軍 戦車と砲戦車』)


概要 Edit

昭和18年8月2日研究実施計画で計画された対戦車兵器で、戦車砲と同一威力を狙い、とりあえず1000mで150㎜貫通を目標にしていたが、将来的には200㎜貫通を狙っていた。
19年2月7日の研究成果では、弾量16キロ、初速900m/sと、弾丸の特性を戦車砲のホリ砲と同一として開発が進んだ。
三菱重工東京機器製作所に、カト車(砲身含む)が発注された。納期は19年11月であった。
19年12月に機能試験、20年1月に竣工試験、20年2月に実用試験を経て3月に研究を終わる計画であった。


カト砲(車)諸元

口径105㎜
弾量約16㎏
初速約900m/s
高低射界正20度、負10度
方向射界左右各45度
装甲貫徹能力1000mより150mm
速度40㎞/h
全備重量30t

終戦時、大阪陸軍造兵廠でカト砲2門が試製され、20年5月にほぼ研究を終えた状態だった。
また、車体は三菱東京丸子工場で進捗率50%のものがあった。


チセ車のウィキにも書きましたが、カト砲より強力で発射速度に優れる新たな十糎級火砲の計画は実際にありました。


テスト的に表示しています。